2011年03月11日

中学校生活最後の日

IMG_9184.JPG

小学校最後の日も撮ったので、一応思い出に。

ちなみに小学校の時はこちら → ランドセル最後の日



この記事にTwitter「つぶやく」ボタン

ニックネーム ココママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ココ兄・姉の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震…

千葉北西部は震度6弱。

大地震が来た時、我が家は家族が全員バラバラでした。

パパは車で移動中。ママは事務所。兄はイオンのフードコート。

姉は家で一人。

地震が来た時、兄の居場所だけはわかりませんでした。

でも兄の事だからきっと大丈夫だろう・・・と変な確信がありました。

パパも会社のスタッフと移動中だからきっと大丈夫。

問題は家で一人の姉でしたが、

我が家はマンションなのでこのぐらいの揺れなら大丈夫だろうと思いました。

1F事務所の被害は飲みかけのコーヒーがこぼれ、水槽の水がこぼれ、

棚から物が落ち、外壁のタイルがポロポロ落ち、内壁にはヒビが入りました。

事務所はそのままにして、スタッフMちゃんも家に帰し、

きっと泣いているだろうココ姉のいる自宅に飛んで帰りました。

4Fの自宅は事務所よりも被害が大きく、落ちるものは全て落ち、

食器棚から食器が飛び出し割れていました。

意外にもココ姉は泣いておらず、ココハルを守る為に頑張ったそうです。

その時のココハルは、

ココは怖がり怯えてヨダレをタラタラ垂らしていたそう・・・

ハルは尻尾を太くして走り回り、自分なりに安全な場所を捜し求めていたそうな・・・

3時15分頃に来た茨城沖の大地震はココママも自宅にいましたが、

大きな揺れ+気持ち悪い地響きの恐怖を覚えています。


親の愛犬が一人なのを思い出し、ガラスの破片を片付けてから迎えに行きました。
(同じマンションなのです)

3Fなのに装飾品の多い親の家はもっと酷い状態でした。

電子レンジまで落ちていました。

一人ぼっちで耐えたさくらを見た時は涙が出ました。


電話も通じず(後からメールは通じる事に気付きました)

ツイッターは開ける事に気付き、パパは見るだろうと思い、会社のツイッターに無事を書き込みました。


しばらくすると兄が『大丈夫かー!?』と血相変えて帰宅。

無事を確認すると、イオンのフードコートに勉強道具を置いてきてしまったからと言って、

イオンに取り行ってしまいました。


イオンもガラスが割れたり物が落ちたりの酷い被害だったらしく、

小さな子供を連れた若いママ達が泣き叫んでいたそうです。


東京へ出掛けていた母が一番心配でしたが、

既に帰宅途中の電車だったらしく、その駅まで父が迎えに行き帰宅できました。


夕方、ココ兄の帰宅と入れ替わりでココママは仕事に戻りました。


夜、ココは一晩中怯えて震えていました。

余震の度にパニック状態。

ハルは余震が来ても毛づくろいをするなど落ち着いた様子でした。


翌日、ココ姉の卒業式を控えていたのですが、

余震の恐怖に洋服のままリビングで一夜を過ごしました。。。



心配してメールを下さったお友達、本当にありがとうございました。

我が家の被害なんてたいした事ないのに、

離れたお友達からの心配メールは本当に有難く思いました。


ブログの更新も滞りがちなのに覚えていて下さって嬉しかったです。



被災地の方を思うと胸が締め付けられます。

少しでも役に立てるようにと、ハクちゃんママから教えてもらった所に

ほとんど着ていない防寒着やスキーウェアを送らせてもらいました。

着なくても敷物にしてくれても良いから、少しでも暖をとれますように。






この記事にTwitter「つぶやく」ボタン

ニックネーム ココママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする